新着情報

◆2015/07/17
アンティークウォッチならではの魅力の情報を更新しました。
◆2015/07/17
国産ブランドの底力を見よ!の情報を更新しました。
◆2015/07/17
スマートウォッチってそもそも何?の情報を更新しました。
◆2015/07/17
3大ブランド、どこで買うべき?の情報を更新しました。
◆2015/07/17
GPS搭載!腕時計がナビになる?の情報を更新しました。

魅力的な腕時計の世界をご紹介

スマートフォンあなたは腕時計を持っていますか?近年では、スマートフォンやタブレットなど、多くの方が普段から持ち歩いているアイテムでも、正確な時間を表示することができます。なので、単に「時間を知るための道具」である腕時計の必要性をあまり感じない、という方も多いようです。

本当に腕時計は必要とされなくなっているのでしょうか?時代と共に廃れ、忘れ去られてしまう道具なのでしょうか?
そんなことはありません。今日でも、腕時計は多くの人に必要とされていますし、何よりも人を惹きつける大きな魅力を持っています。

当サイトではそんな腕時計の魅力を、さまざまな角度からお話してみたいと思います。すでに腕時計が大好き、という方はもちろん、あまり必要性を感じない、という方にもその魅力をお伝えできたら、と思います。
それでは、最後までどうかお付き合いください。

良い腕時計を持つことがステータスだった時代

腕時計かつて、良い腕時計を持つことがステータスだった時代がありました。かつては一人前になったら、一生モノの一本を手に入れる…それが常識とされていた頃があります。

進学、成人や就職のお祝いの品としても定番でした。中高年の方の中には、何かの節目ごとに腕時計を家族や、親しい方から贈られた、または贈った経験がある、という方もいらっしゃるでしょう。

また、就職し、はじめてのボーナスの使い道として高級腕時計の購入が定番の一つにまでなっていました。

このように、腕時計は持つことがステータスになり、人生の節目の贈り物にもされるほどに、特別な道具でした。

腕時計が「特別な道具」ではなくなった代わりに

腕時計とリモコン1980年代後半から腕時計の「特別性」は薄れてきました。その理由は安価で、精度の高いクォーツ式腕時計が普及したことでしょう。
1970年代頃は、それなりの精度を求めるのであれば、最低でも数万円は出さなければ腕時計を手に入れることはできませんでした。

それに対して、80年代から90年代に入ると、数百円程度でも非常に精度の高い腕時計を手に入れることができるようになります。

価格の下落によって腕時計は「特別性」を失ってしまうことになりました。しかし、その代わりに技術の進歩によってさまざまな進化を遂げました。
特別ではなくなった代わりに、新たな価値を持つようになったのです。

時代を追うごとに、腕時計の持つ意味や価値は変化しています。「特別な道具」ではなくなってしまっても、価値が変化しても、存在し続けています。
変化や分岐を繰り返すことによって広がって行った腕時計の魅力を今一度、再確認してみませんか?

「一生モノ」だからこそ正規品を買うべき?

腕時計イラスト腕時計の場合、正規輸入品と並行輸入品では価格が倍ほども違っている、なんてことも決して珍しくありません。そこで、つい安い方へ手が伸びてしまいそうになりがちですが、「一生モノ」選びをする場合、本当にそれで良いのでしょうか?
当サイトでも、販売店によって大きく価格に違いが出てしまう理由の一つが、正規輸入品と並行輸入品の違いである、というお話をさせていただきました。
同じものであっても、格安で購入することのできる並行輸入品はとても魅力的に感じられるかもしれません。

しかし、「一生モノ」の腕時計を探している場合、本当に並行輸入品で良いのでしょうか?

並行輸入品は正規メンテナンスを受けることができないことも…

腕時計国内でも高い人気を集めているブライトリングなど、一部のブランドについては正規輸入品でなければ正規のメンテナンスを受けることができないケースもあります。
もちろん、しっかりとした職人に依頼することによって、メンテナンスを受けることは可能ですが、特殊なモデルの場合、パーツの入手が困難で、一部修理に対応することができないケースもあります。

また、ブランドによっては、正規品と並行輸入品ではメンテナンスの費用が異なっていることもあります。
保証などのサポートを受けることができない、といったデメリットがあることも頭に入れておくようにしましょう。

ただ、並行輸入品であっても、しっかりとした専門店で購入する場合、お店の独自のサポートを受けることができるケースもありますので、購入時に必ず確認するようにしましょう。

一生モノの一本を選ぶ際には、同じ腕時計であっても正規輸入品なのか、並行輸入品であるのか、という点もしっかりとチェックするようにしましょう。

信頼できる時計専門店探し

ネット通販をしている女性最近ではネット通販でもさまざまな腕時計を購入することができるようになっています。また、格安で腕時計を販売しているブランドショップなども少なくありません。しかし、長く付き合える一本を探すのであれば、やはり信頼できる専門店を見つけるべきです。

かつて、腕時計を購入する手段と言えば、専門店に直接出向くしかありませんでした。しかし、近年ではさまざまな手段で、より手軽に、簡単に腕時計を購入することができるようになっています。

ネット通販を利用する場合、同じアイテムでも最安値で販売されているお店を検索することのできるサイトなども登場していますので、とても便利です。
しかし、「一生モノ」としての腕時計を探すのであれば、価格や手軽さだけで購入するお店選びをして良いのでしょうか?

新品でもメンテナンスが必要?

高級腕時計まっさらな新品であればどこで購入しても同じ、なんて思っていませんか?高級腕時計になると、お店に在庫として長期にわたって置かれたままになっていることも少なくありません。

そうなれば、保管状態によっては購入と同時にメンテナンスが必要となってしまうこともあります。

しっかりとした専門店であれば、保管状態もしっかりしていますし、長期在庫になっていたものであれば、販売前にチェックしてくれることもあります。

本格腕時計は、高い買い物です。まして、一生モノの一本を探しているのであれば、そんな些細なポイントまでしっかりと考えるようにしなければなりません。
購入後のアフターケアなどのことも考えて、できるだけ信頼することのできる専門店を見つけるようにしてください。

長く使える一本にするために…

ポイントどんな高級な腕時計であっても、その使い方によって長く使うことができるかどうかが決まってしまいます。長く使い続けることのできる一本にするために、あなたの使い方にマッチした一本を探すことも大切なポイントの一つとなります。

一生モノ、とまでは行かなくても、せっかく購入した腕時計であれば、できるだけ長く使い続けたいものです。
どんなに高級な腕時計であっても、間違った使い方を続けてしまうと、長く使い続けることができなくなるかもしれません。

そこで、その時計に応じてあなたの使い方を考えたり、逆にあなたの生活スタイルに合った腕時計選びをすることがとても重要となります。

高級腕時計=壊れない…ではない!

ダイバー数千万円の高級腕時計であっても、壊れないわけではありません。複雑な機構を持ったモデルなどになれば、逆に繊細に扱わなければ壊れてしまう、というケースもあります。
そのため、その腕時計はどんな使い方を前提として設計されているのかを考えてみましょう。

逆にダイバーズウォッチやミリタリーウォッチなどの場合、かなり頑丈に設計されていますので、それほど高価なものでなくても、簡単に壊れてしまうことはありません。

その腕時計に合った生活スタイルがあります。アクティブに体を動かす方には、複雑な機構を持ったモデルはフィットしません。逆に、デスクワークが中心の方にはスポーツウォッチは少しオーバースペックかもしれません。

単にデザインやブランドで腕時計をチョイスするのも悪いことではありません。しかし、長く使い続けることのできる一本にするためには、あなたの生活スタイルにマッチしているのか、という点も考えなければなりません。

長く付き合える腕時計探し

メンテナンス定期的に流行に合わせて腕時計を買い替えている、という方も少なくないかもしれません。また、何本もの腕時計をその日の気分に合わせて使い分けている、という方もいらっしゃるでしょう。しかし、本当に長く付き合うことのできる一本を探してみませんか?

当サイトでも何度もお話させていただきましたが、本当に良い腕時計であれば、メンテナンス次第で一生どころか、何代にもわたって使い続けることができます。
流行に合わせて買い替えたり、気分に合わせて使い分けるのも悪くありませんが、一生を共にすることができるような一本を探してみませんか?

ここでは、長く付き合うことのできる腕時計探しについて考えてみたいと思います。

10年後も「良いな」と思える腕時計

デザイン近年の国産やスイス製の腕時計で、一定のレベル以上のものであれば、どんなモデルであっても機能的には十分に一生使い続けることができます。
しかし、大切なのは、あなたは10年後、20年後もその腕時計を使い続けたい、と思えるかどうかです。

流行モノを選んでしまうと、その時は良いかもしれませんが、すぐに古臭く感じてしまうかもしれません。
また、あまりにも年齢層を選んでしまうデザインのものを20年後に使い続けるのは難しいでしょう。

そこで、流行に左右されず、いくつになっても違和感なく使用することのできる腕時計をチョイスすることが大切です。

慌てて選ぶ必要はありません。気になる腕時計を見つけたら、10年後、20年後になっても「良いな」と思えるものであるのかを考えてみましょう。
そうすれば、きっとあなたの生涯の相棒になるような腕時計を見つけることができるはずです。

良い腕時計はメンテナンス次第で世代を超えて実用できる

良い腕時計は正しく使用し、メンテナンスをし続けることによって、世代を超えて実用することが可能です。しかし、逆にどんなに良い腕時計であっても、しっかりとしたメンテナンスができていなければ、たったの10年程度で使えなくなってしまうかもしれません。

腕時計のメンテナンスに、3年に1度5万円…これをどう感じますか?ものすごく高く感じる、という方も少なくないでしょう。
しかし、大切な腕時計を何代にもわたって使い続けたい、と考えるのであれば、メンテナンスは絶対に欠かすことはできません。

どんなに高価な腕時計であっても、一切メンテナンスをすることなく使い続けることができる、なんてことはありません。
機械はいつか壊れてしまうもの…それを防ぐための手段がメンテナンスなのです。

どうしてメンテナンスをしなければならないの?

機械式の腕時計の場合、電池を交換する必要もありませんので、正しく動いていればメンテナンスをする必要なんてないのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、動き続けている以上は、少しずつパーツは摩耗して行きます。そして、すべてのパーツが潤滑に動くためのオイルだって切れてしまいます。

摩耗したパーツの修正や交換を早い段階でしなければ、他のパーツにも負担がかかってしまうことになり、腕時計そのものがより大きなダメージを受けてしまうことなります。
また、オイルが切れたまま無理に動かし続けると、パーツの摩耗をより激しくしてしまうことになります。

動かなくなってしまってからではもう手遅れになっている、なんてケースも少なくありません。
逆にしっかりとメンテナンスさえしていれば、ずっと使い続けることができるのです。大切な腕時計であれば、しっかりとしたメンテナンスを欠かさないようにしましょう。