あの有名ブランドの意外なモデルを発見!

有名腕時計ブランドであっても、長い歴史を持っていれば、最初から一貫して現在のスタイルの腕時計を作り続けてきたとは限りません。
腕時計の世界にも流行がありますので、時代に応じて、現在のスタイルからはとても想像することができないような奇抜なモデルを作っていた、なんてケースも少なくないのです。

そこで、ここではあの有名ブランドの意外なアンティークについてお話してみたいと思います。

オメガの迷走…失われたブライトリング…

1970年代から1980年代にかけて、安価でより精度の高いクォーツウォッチが登場したことによって、腕時計の世界は大きく混乱してしまいました。

この時代に少し迷走してしまい、ちょっと変わったモデルを乱発してしまったブランドの一つがオメガです。
現在ではシックなデザインのスピードマスターやシーマスターといったスポーツモデルが中心の同ブランド。しかし、70~80年代にはサイケデリックなカラーの文字盤や、奇抜なシェイプのケースやブレスを使用したモデルをいくつも発表しています。
そのほとんどがダイバーズウォッチのシーマスターの派生モデル、という位置づけになっていますが、中には防水機能がほとんどないものも少なくありません…。

また、この時代に経営難に陥り、歴史が途絶えてしまったブランドも少なくありません。実はブライトリングもその一つで、一度表舞台から完全に姿を消しています。

しかし、70~80年代のアンティークを探していると、同社の人気モデルである、ナビタイマーとそっくりなノーブランドウォッチを見かけることがあります。
実はブランド名を売却後、余ったパーツからロゴだけを外して組み上げ、販売されていたものである可能性もあります。
ロゴがない、あるいは別のロゴのついたアンティークナビタイマーを見つけたら、ちょっとチェックしてみてください。もしかすると、貴重な一本かもしれません。

アンティーク探しをしていると、有名ブランドの意外すぎる一本を見つけてしまうこともあります。
あなたも、先入観を捨てて各ブランドのアンティークをチェックしてみてはいかがですか?