アンティークウォッチの定義とは?

腕時計は常に進化を続けています。機械式腕時計として誕生し、さまざまな機能を搭載したものが登場しました。1980年代になればクォーツ式のより精度の高いものが登場し、90年代以降になると、自動で時刻合わせをしてくれる電波ウォッチも登場しています。
そして、近年では超多彩な機能を持ったスマートウォッチが登場しました。

常に最新の腕時計を使い続けたい、という方もいらっしゃる一方で、アンティークウォッチも高い人気をあつめています。
しかし、普段から何気なく使っている「アンティーク」という言葉ですが、腕時計の場合、どのような定義があるのでしょう?

曖昧な「アンティーク」という言葉

一般的に、腕時計の世界でアンティークと言えば、1980年代のクォーツショックが起こる以前に製造された機械式時計のことを指すことが多いようです。

しかし、これが明確な定義、というわけではありませんので、お店によっては80年代以降のクォーツ式腕時計が、アンティークとして売られていることもあります。
場合によっては90年代初頭の腕時計までアンティーク扱いされてしまうこともあります。

そのため、単にアンティークウォッチを楽しもう、と考えるのではなく明確に60年代のスイス腕時計を楽しもう、と自分の中で具体的に決めてしまった方が良いかもしれません。

はっきりとした定義がない、ということは逆に自分で自由に定義をつけて楽しむことができる、とも考えることができるでしょう。
あなたも自分なりのアンティークウォッチを楽しんでみませんか?