スマホをもっと便利にしてくれる?

通話、メールの送受信、ネットサーフィンから、アプリケーションの使用まで、最新のスマートウォッチではあらゆることが可能となっています。
まさにこれさえあれば何でもできてしまいます。

そんな万能の存在のように感じられるスマートウォッチですが、どんな場面でも必ずその力を発揮できるというわけではありません。
スマホやタブレット、パソコンと連携し、それぞれの欠点を補い合う…これこそが正しいスマートウォッチの使い方なのかもしれません。

スマートウォッチの弱点

コンパクトなサイズはスマートウォッチの最大の魅力と言えるかもしれません。しかし、同時にこれは弱点であるとも言えます。
手首に装着して、いつでも使用することができる一方で、その小ささから文字入力などには適しているとは言えません。

また、動画の再生なども可能ではありますが、あまりにもサイズが小さいことから決して見やすい、とは言えないでしょう。

こういった点においては、スマホやタブレット、パソコンの方が有利であると言えます。

スマートウォッチは、そのほかの端末を取り出して操作することができない場面、またわざわざ取り出すまでもない、といった場面でこそ、その実力を最大限に発揮します。
移動中などのちょっとしたメールのチェックや、資料の確認、こういった場面ではスマートウォッチは大きなメリットを持っていると言えるでしょう。

スマートウォッチを上手に使うことができればスマホをはじめとする、その他のデジタルツールをもっと便利にすることができます。
単体で使用するのも良いですが、上手に連携してそれぞれのメリットを最大限に活かすべきでしょう。