腕時計も立派な「資産」になる

あなたは腕時計を購入する際に、どんなポイントをチェックしますか?デザインや機能、メンテナンス性などを中心に確認する方がほとんどだと思います。
自分がずっと使い続けることを前提に考えるのであれば、これだけで十分かもしれません。

しかし、3大ブランドの腕時計になれば、その価格は数千万円代の大きな買い物になってしまうことも珍しくありません。
ここまでの金額になると、いつか手放す時のことまで考える必要があります。

ここでは、3大ブランド腕時計の「資産」としての価値について考えてみたいと思います。

有名ブランドはやはり強い!

3大ブランドほどではなくても、昔からロレックスは価値の下がらない腕時計として高い人気を集めています。
人気モデルであれば、古くなってしまっても大きく中古相場は下落しません。当然、買い取り価格も高値で安定しています。

モデルチェンジなどで旧モデルは価格が下落してしまうのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、有名ブランドであれば、歴代モデルそれぞれが高い人気を集めていますので、価値が下がるどころか上がることもあります。

3大ブランドは値崩れしない

世界的には前述のロレックス以上に安定して高い評価を集めている3大ブランドであれば、価値が下がることはほとんどありません。
アンティーク扱いされるような古いモデルでも高値で取引され続けていますので、「資産」としての価値も非常に高いと言えるでしょう。

このように、3大ブランドのように、長い間高い評価を受け続けている腕時計は、ただ高額なだけでなく、本当の「資産」としても高い価値を持っています。